Environmental Conservation

環境保全

環境保全への取り組み

現在那須どうぶつ王国では、野生動物や環境の保護・保全・啓発に力を入れています。
保全の森では、ツシマヤマネコやライチョウなどの日本固有種を保護する事を目的とし、近縁種のアムールヤマネコやスバールバルライチョウをシミュレーション飼育・展示をしています。
飼育・繁殖などのデータを取り、他の動物園と情報交換をしながらツシマヤマネコ・ライチョウの保護に役立つ飼育技術の確立を目指しています。
2017年からは環境省の保護増殖事業によるニホンライチョウの域外保全・飼育も開始し、2019年からは展示もしております。

スバールバルライチョウ(夏)

スバールバルライチョウ(冬)

アムールヤマネコ

マヌルネコ

地球環境を未来へ繋ぐ取り組み

人と動物が共生できる地球環境を未来に繋ぐ取組みとして、那須どうぶつ王国園内全てのレストランにて提供している使い捨てプラスチック製品を、環境に負担の少ない紙製品や木製品に切り替え、この取組みにより、コーヒーマドラーやストロー、使い捨てプラスチックスプーンなど計12種類を、環境負担の少ない製品に切り替えました。
提供店舗:ヤマネコテラス・BBQガーデン・カフェモンサンク・レストランBCCA・カフェポニー


http://plastics-smart.env.go.jp/

レストランヤマネコテラス外観

レストラン ヤマネコテラス内観

全レストランにて環境負担の少ない製品で提供

次世代に繋ぐ、持続可能な社会へ

ボルネオ保全プロジェクト

2018年8月、日本の動物園6園(那須どうぶつ王国・神戸どうぶつ王国・旭山動物園・豊橋総合動植物公園・福岡市動物園・平川動物園)と特定非営利活動法人ボルネオ保全トラスト・ジャパン(BCTJ)が提携して、東南アジア・ボルネオの環境保全に取り組むプロジェクト「ボルネオ保全プロジェクト」を発足しました。ボルネオではアブラヤシのプランテーション開発による森林破壊が進み、多くの野生動物が住処を失っています。プロジェクトでは今後、こうした野生動物の保護や技術支援などを行っていきます。
また、那須どうぶつ王国では同プロジェクトの合意より前に、ボルネオ保全トラスト・ジャパン支援自販機を設置しています。この自販機で飲料を購入すると、利益の一部がボルネオの保全活動の支援金となります。日常生活の中で気軽に生物多様性保全活動ができる、支援型の自動販売機です。
だれでも手軽に生物多様性の保全活 動に貢献できる取り組み「ボルネオ保全WAON」スタート。
ボルネオ保全WAONでお買い物をするとご利用金額の一部をイオンよりプロジェクトメンバーである認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパン(BCTJ)に寄付される取組も始まりました。
[ 特定非営利活動法人ボルネオ保全トラストジャパン ]

ライチョウ域外保全への取り組み

2017年6月28日より、国の特別天然記念物であり、国内希少野生動植物種であるライチョウの受精卵を受け入れ、孵化・飼育を開始しました。

受精卵の搬入

搬入された卵

孵卵器の中で誕生が待たれる

誕生したヒナ

●ライチョウの成長記録

2020/06/05(金)

中央アルプスにおける飼育卵を用いたライチョウの野生復帰事業協力について

環境省と日本動物園水族館協会による「中央アルプスにおける飼育卵を用いたライチョウの野生復帰事業」に協力するため、那須どうぶつ王国で産卵したライチョウの卵を3卵提供しました。

※那須どうぶつ王国は2017年より、ライチョウ保護増殖事業に参加


中央アルプスにおける飼育卵を用いたライチョウの野生復帰事業とは

環境省と日本動物園水族館協会が進めるライチョウ保護増殖事業の一環です。

1969年を最後にライチョウが絶滅したと考えられていた中央アルプスで、2018年メスのライチョウ1羽が確認され無精卵を生み抱卵をしていたため、2019年に孵化率の高い野生の個体が生んだ卵を用いた卵のい入れ替え試験を行いましたが、孵化した雛は10日後にすべて死亡してしまいました。

2020年は野生個体群に与える負荷を極力少なくするため、飼育下個体が生んだ卵を用い試験を行う事になりました。

飼育卵を使った野生復帰事業は、ライチョウの保護増殖事業の中では初めての試みです。

各動物園から提供された飼育卵について

恩賜上野動物園 2卵

いしかわ動物園 2卵

那須どうぶつ王国 3卵

大町山岳博物館 1卵

合計 8卵


今後、巣を発見し、抱卵を確認次第、卵を入れ替える予定。

2020/06/02(火)

ライチョウが産卵しました

2020年5月24日~6月2日の間にライチョウが産卵しました。

ペア情報

2020年3月3日に上野動物園から那須どうぶつ王国へ移動したオス

2020年3月4日に富山市ファミリーパークから那須どうぶつ王国へ移動したメス

オス(N11) 3歳

メス(N49) 1歳

産卵数:4個(2020年6月2日現在)

 

ペア情報

2020年3月3日に上野動物園から那須どうぶつ王国へ移動したオス

2017年7月18日に大町山岳博物館より卵の状態で移動し、成鳥になったメス

オス(N11) 3歳

メス(N43) 2歳

産卵数:1個(2020年6月2日現在)

2020/03/04(水)

いしかわ動物園と富山市ファミリーパークのライチョウを搬入

いしかわ動物園と富山市ファミリーパークよりライチョウを搬入しました

2020年3月4日(水)いしかわ動物園より1歳の雄のライチョウ(N47)と0歳の雄のライチョウ(N60)の2羽搬入しました

また、同日、富山市ファミリーパークより2歳の雄のライチョウ(N41)1羽を搬入しました

今回の移動は、環境省と日本動物園水族館協会が取り組む「2020年度の繁殖に向けた成長移動計画」に基づき

飼育個体群の遺伝的多様性を維持する目的と、飼育個体数確保と危険分散のために実施したものです。

2020/03/03(火)

上野動物園のライチョウ1羽を搬入

上野動物園のライチョウ1羽(オス)を搬入しました

2020年3月3日(火)上野動物園より3歳の雄のライチョウ(N11)を1羽搬入しました

今後は、那須どうぶつ王国の雌のライチョウN43とペアリング予定です。

今回の移動は、環境省と日本動物園水族館協会が取り組む「2020年度の繁殖に向けた成長移動計画」に基づき

飼育個体群の遺伝的多様性を維持するために実施したものです。

2017/07/23(日)

成長記録

2017年6月28日より、国の特別天然記念物であり、国内希少野生動植物種であるライチョウの受精卵を受け入れ、孵化・飼育を開始しました。その後、2017年7月23日に、大町山岳博物館より移送した卵から、雌のヒナが誕生し順調に成育しています。

2017/07/20(木)

成長記録

2017年6月28日より、国の特別天然記念物であり、国内希少野生動植物種であるライチョウの受精卵を受け入れ、孵化・飼育を開始しました。その後、2017年7月23日に、大町山岳博物館より移送した卵から、雌のヒナが誕生し順調に成育しています。

環境保全の最新情報とメディア発信

ツシマヤマネコ保全の取り組み

レストラン・ヤマネコテラスではツシマヤマネコの餌場の確保を目的とし、佐護ヤマネコ稲作研究会が生産する「ツシマヤマネコ米」を提供しています。
食べる事でも環境保全に協力する事が出来ます。
なすべん以外のご飯を使ったメニューにはすべて「ツシマヤマネコ米」を使用。ヤマネコランチのパンは「ツシマヤマネコ米」の「米粉」を使用しています。

ヤマネコテラス

ツシマヤマネコ米の取り組み

ヤマネコランチ

ツシマヤマネコ募金箱

まもろうPROJECT ユキヒョウ

那須どうぶつ王国では、任意団体twinstrustの活動を支援しています。
「まもろうPROJECT」は、研究者とクリエーターがひとつとなり、絶滅の危機からユキヒョウを守るプロジェクトです。
野生ユキヒョウの保全と、キルギスの地域活性化につながる商品、ユキヒョウさんグッズを販売します
ユキヒョウさんグッズとは、JICAの一村一品プロジェクトとコラボし、キルギスの女性たちがひとつひとつ丁寧に作った羊毛商品です。
[ まもろうPROJECT-ユキヒョウ ]

その他普及啓発の取り組み

動物のショーを通して、ご覧いただいた動物がどのような環境に生息しているのか、人間との係わり、生き物たちの現状にも興味を持って頂きたいと考えています。

環境教育

事前にご予約を頂いた団体のお客様に対し滞在時間中に、環境教育も行っています。
小学生から大人の方まで、野生の動物の生活や生きる為の工夫を体験できるゲームやプログラムがございます。
お客様が学習したい内容や、学校のカリキュラムに合わせてプランをお作りしますので、お気軽にご相談ください。